仕出し弁当を利用する時に注意したいこと

行楽やイベント、会議などでは自分でお弁当を用意することもありますが、主催者側が用意することもあります。そのため、お弁当を用意する場合は、どこかで買ってくるのではなく、業者に依頼して作ってもらうということをすることもあります。そのような仕出し弁当は、指定した場所に配達してくれたりするので、とても便利に利用できるものになります。しかし、便利に利用できるといってもすべて思い通りに行くわけではありません。きちんと確認しておかなければいけないことがあるなど、注意しなければいけないポイントもあります。その点をおろそかにしてしまうと、注文してから失敗したと感じてしまうこともあるので、注意すべき点を把握して安心して注文できるようにすることが大切です。

配達場所や日時で配達できるか確認すること

仕出し弁当を利用するときに、特に重要になるものが配達場所や日時になります。業者によっては配達場所により対応していない地域のものもあり、あらかじめ確認しておくことが重要です。対応してない地域に配達してもらおうとしてもできるものではなく、仮にできたとしても時間の指定などは難しいため、ホームページなどであらかじめ確認しておくことが大切になります。また、配達時間になりますが、予定の時間より30分ほど余裕を持って指定しておくことも重要です。渋滞などのトラブルに見舞われた場合、配達時間をぎりぎりに指定していると間に合わないことがあります。そのため、時間は余裕を持って指定しておくことが大切になります。配膳もしてもらうのであれば、より余裕を持って依頼する必要があります。

商品はあらかじめ決めてから電話をしましょう

仕出し弁当のメニューはお店にもよりますが、数種類用意されています。メニューが多いので簡単には決めることが出来なかったりするので、あらかじめホームページなどで確認して注文するメニューを決めておくことが大切になります。注文するときにメニューを決めてしまうと、きちんとメニューを確認せずに注文してしまうこともあるので、気をつけましょう。また、自分で決められない場合は、スタッフに予算やシーン、食べる人を伝えて相談することも選択肢の一つです。そして、数量も注意しなければいけないポイントになります。人数が増えてしまった場合、追加注文をすることになりますが、数量変更がわかった際は早めに連絡をしましょう。ぎりぎりになって伝えても、忙しいシーズンになると作れないこともあるので、人数確認は大切です。